色彩狂想曲

兪悦

美学M1

日本の伝統的な古い木造家屋スタイルのギャラリー、賑やかの地域で静かな小道に位置している。場所を見つけるのが大変だが、ギャラリー自体と展示されている芸術を見学した後、全ての探す努力は、遣り甲斐があると感じるであろう。今回は、アフリカ系アメリカ人の芸術Driskell教授は、”楽園”に関する彼自身のビジョンを明らかにしたい。今回の展覧会ではDriskell教授の重要な版画作品だけでなく、植物のスケッチも含まれています。加えて、日本に対し彼のイメージにした作品シリーズがあって、柔らかい光線と筆触使いで、他の作品と非常に異なっている。また、個人的に、一階に展示作品の雰囲気と二階のものとはかなり異なっていると感じている。一階の作品は、踊りたいと思わせる一方、二階では静寂感にある間に描かれたそれらの “テーブル”、 “花”と “森”を通して呼吸するのが良い。
これらの絵画の多くは私の気持ちを揺れ動かせているので、一番好きな作品を選ぶのが極めて難しい。人生と同じように、いつも私たちが最もほしいものを実現するために、余計なことをあきらめないといけないであろう。私はやっと選ぶことができたのは”農夫とその妻”である。

この版画の色の使い方は私たちの常識を超えているので、この絵を見たときにタイトルの”色彩狂想曲”を思いついた。また、線、明暗、色の組み合わせで、この版画は現実を解体し新しい形式の現実を再構築する。彼らの顔が黄色の線で二つの部分に分かれている。このような技法は、”森の中の顔”のような多くの作品に適用されている。仲の良い夫と妻としての親密さを表現するため、顔の半分はオレンジ色を塗り、残りの半分は独立している個人を表現するため、その特性として黒と赤を現れる。農夫の妻の帽子は赤のストライプで装飾されているに対し、彼の帽子は、妻のピンクの色で構成されている。色の柔軟な使用で作品のバランスを築いていると同時に、二人の仲睦まじいであろう関係を強調している。なお、アーティストは彼らの姿を力強いラインを用いているが、女性が夫よりもはるかに柔らかい輪郭線を用いている。
一見すると、私は農夫がサックスを持っている、農作物に音楽を聞かせることによって、一層おいしくなると聞いたことがある。しかし、この絵に私の問い合わせたアーティスト本人の返事から、私は間違っていたことがわかった。

実際には、これは画家の両親に敬意を払う絵画である。彼の父親は、10年小作農をしており、彼の母親は作物の成長や園芸で夫を手伝っていた。親子の間に強い絆がこの絵画より表現されている。男性は、植物の栽培に使用される斧とうい道具を持っている。女性の衣装に鮮やかな葉は、医術や植物の料理の用法として彼女の関心を象徴している。アーティストによると、 “私はノースカロライナ州の西部のアパラチア山の農村地域で育たれた。我々は医師による治療を受けることが容易にできなかったので、民間療法(植物)を知ることが重要だったようだ。”彼の母親は確かにハ―バリストであって、野生食用植物や医学のために用いられていたものにかなり詳しい。ドリクシルの園芸における関心は、主に母親の野菜や花を植えていたことに由来する。彼は時々、絵画に彼のメリーランド州のの植物が含まれている。ドリクシルと自然の離れないほどの絆を示している。

最後に、灰色の枠が私の注意を引かれる。アーティストは、主人公と奥様を花、葉と蛇の形を描いた枠で一周囲まれている。この枠は、版画がよりリアルに肖像画のように見えるだが、そしてそれは事実である!

要するに、アーティストの芸術作品は、活力と創造性に満ちている。私は完全に作者が伝えたいことを理解することは難しいと思うが、作品自体の魅力に、私の感情に引きつけられる。例えば、”森の中の顔”という絵画に出会った際、私は荒々しい赤と緑に浸した無力感を感じている。そして、”マスクのある静かな生活”の作品は、微々たる人間が人生の重要な俳優になろうとしたファルスのようなことを私の心を打った。また、日本のための作品シリーズによって微妙な色合いは私を魅了した。そのため、作品の奥の意味を理解しないとしても、この旅を楽しんだだけで、それは、もう十分でしょう。

 

P.S.

ソネットのリズムや意味のため、翻訳するのが難しいので、省略させていただきます。