Vital Signs 日常の隙間

2012.06.11 - 2012.06.16 [ 1F Ami 2F Kanoko ]

Vital Signs

日常の中で意識 することのなかった物事に 改めて目を向け ていくことをテーマとします。

人は無意識のう ちに何かしらを見落としていきます。 また、意識的に 物事を除外することもあります。 その中で、何か を特別と感じる時、違和感を覚える時、 それらはいずれ も普段とは違う変化に気づいた時に生じます。

目を向けること の無かったものの中には、 今までとは違 う、自らを変化させ る可能性と成り得る物が秘められていると考え ます。

何かを「認識」していくという ことはその存在に気づくということ。 そうして認識が 広がることで新たな見識を得る事が出来ます。 既存とは異なる 視点や感度を持つこと、 日常の隙間にあ る可能性について喚起することが本展の目的です。

EXHIBITION PHOTOS