Jessica Yadira Pérez Flores展

2014.09.22 - 2014.10.04 [ 1F Ami ]

Jessica Yadira Pérez Flores
[写真]

ジェシカ・ペレス (Jessica Perez)は、1976年メキシコ市生まれ。大学卒業後、5年間ドイツ・ミュンヘンで生活する。その間Academy of Fine Arts Munich で修士を修めた。ドイツ滞在中、数々のアート・プロジェクトや展示を経験。メキシコ帰国後は、絵画や写真を表現の手法として作品制作を開始しました。

ジェシカ・ペレスの作品は、ひとつの場所で起きる<干渉>をテーマに作品を制作しています。自身と空間との関係性の中で起きる様々な偶然・必然性を長期間、綿密に記録。彼女の白黒写真では、時間とともにつくりだされる様々な光の動きによる知覚を作り出します。

日本初となる本展では、スペイン植民地時代の名残が最も色濃く残るメキシコ市セントロ地区にある自身のスタジオで記録した「ライン」シリーズの作品を展示する予定です。この作品は、観る者にさまざまな解釈を与えます。


Jessica Yadira Pérez Flores

略歴

Born in Mexico City, 1976.
Works and lives in Mexico City.

Solo Exhibition

2012 Verbindungen (Connections), Artist’s workshop Dachauerstraße, Munich, Germany

Group Exhibitions

2010 Forum for Spanish-speaking young artists IV, Cervantes Institute, Munich
O-Ton, Gersthofer City Hall, Gersthofer, Germany
Forum for Spanish-speaking young artists V, Cervantes Institute, Munich
Aletheia Projekt, Domagktage in Domagkateliers, Munich
Jahresaustellung, Annual exhibition in the Academy of Fine Arts Munich
The Needle and the Damage Done, Farbenladen des Feierwerks, Munich
Momente konserviert (Preserved moments), University’s Catholic Community in LMU, Munich
Forum for Spanish-speaking young artists VI, Cervantes Institute, Munich
2011 Día de Muertos (Day of the Death, Installation), Hall 50 in Domagkateliers, Munich
Appreciation, Nagoya University, Japan
Slang Conurba, Farbenladen des Feierwerks, Munich
Forum for Spanish-speaking young artists VII, Cervantes Institute, Munich
2012 Open Studios, Oficina de Arte, Mexico City
2013 Open Studios, Oficina de Arte, Mexico CityTAPE, Mexico City