長野順子 銅版画「精霊たちの息吹」展

2011.06.20 - 2011.07.02 [ 1F Ami ]

長野順子

ざわざわと木々のざわめきが近づいてくる。
静けさの中に、突然湧き上がった物音に、
私は耳を澄ます。
風がやってくる。
森がざわめいている。
目に見えない巨大な空気の塊が、
大声で叫びながら、頭上を駆け抜けていった。
風の引きずる長い衣になでられて、
小さなざわめきが後を追う。
草木の命が生き生きと揺れ動く。

風をしなやかに受け止める木々の姿。
重力に逆らい、陽光に懸命に手を伸ばす草木たち、
岩やコンクリートを覆い、わずかな亀裂に伸びる無数の根。
生き抜いていくために獲得したその姿。
ぞれぞれの身に起きた出来事の一つ一つが、
それぞれの命を形作っている。
この宇宙の秩序が、
全てこの命を作っている。
命がこの森を形作っている。

計り知れない時の蓄積。
この森を形作る様々な物語。
私は、悠々のときの流れのほんの一部を
この森と共有しているに過ぎない。
私の存在も、この森の物語の一部に
刻み込まれるのであろうか。
今、私自身が、この森に溶け込んで行く。
森を形作る命の一部として。

呼吸が重なる。
・・・作者の言葉・・・


長野順子

略歴

1966 群馬県生まれ
 1989 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1991 東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻修了
5年間の設計事務所勤務後、美学校(東京)にて銅版画を学ぶ
2000 群馬県高崎市のアトリエにて制作活動を始める

展覧会(抜粋)

2004 「メルヘンと遊びの世界Ⅷ 長野順子 版画と絵本原画展」
2005 石田衣良氏著「ぼくとひかりと園庭で」(徳間書店)の 挿画を制作
2008 木村威夫監督の映画「夢のまにまに」の劇中に銅版画作品「夢のまにまに」が使用される
第25回全国都市緑化ぐんまフェア会場内展示
谷川俊太郎「ことばのアート」展に参加(高崎市シティギャラリー)
2010  高崎市の姉妹都市、チェコ共和国プルゼニ市で行われたジャパンウィークにて個展「風と花の大地より」

主な受賞暦

2005 版画フォーラム2005 和紙の里ひがしちちぶ展 入賞
上毛芸術文化賞美術部門 受賞
2007 イタリアボローニャ国際絵本原画展 入選
Prints Tokyo 入選
2010 イタリアボローニャ国際絵本原画展 入選
第55回CWAJ現代版画展 入選
第33回FISAE国際蔵書票会議(トルコ)入選