野田朗子 -星月夜-

2012.10.15 - 2012.10.27 [ 1F Ami 2F Kanoko ]

野田朗子

■ Artist Statement

普段の生活の中で脈々と息づく文化を感じ、

自然を謳歌する京都で生まれ育った学生時代。

携帯電話を手放せない、

時間と情報と金に追い追われつつ

市場原理の渦中にいたビジネスマン時代。

その正反対の生活に私のオリジナリティの原点がある。

人生を豊かに生きるとはなにか。

十人十色の答えがある。

永遠に答えられない問いかもしれない。

私にとって作ること自体が

それを問うことであり、答えでもある。

そのときどきに感じる私なりの答えを作品に少しずつ表していきたい。

作品を見ていただいた人に

忙しい日常からふと離れて

自分と向き合う時間を一瞬でも持って

作品を通してなにか感覚を共有できたら

最高のコミュニケーションだと思う。

■制作テーマ、コンセプト

私は、京都の北山で生まれ、

四季折々の自然の美しさを肌で感じて育った。

 

大学卒業後、広告業界に就職し、一転して多忙な日々を送る。

特に東京での生活は、深夜タクシーで帰宅し、午前様が当たり前だった。

そのギャップある経験が、創作の原点になっている。

京都は、自然そのままを愛しむだけではなく、自然をうまく加工し、日常生活にデザインして取り入れる文化が息づく。

そこに私の美意識の原点がある。

外から京都・岩倉に帰ってくると、

電車の扉が開き、駅に降り立った瞬間から、匂いが違う。

なんとも甘くて、清々しい美味しい空気。

そして虫の声。雨の音に耳を澄ますことができる。

 

幼いときはそれが当たり前で気づかなかったが、

京都を出て、神戸や東京などに住み、また海外旅行で様々な国を訪れて、

それがどんなに幸せなことかを実感した。

 

そんな日々のささやかな自然の気配と心の移ろいが私の制作テーマになっている。

 

自然のうつろいは、心のうつろいに重ねられる。

自然の中に身を置き、見えているものの気配を通して、見えていない領域まで感覚を広げ、

生きるものの熱い思いとはかなさを重ねる。

 

自然のささやかなうつろいに気づいた時、ふと立ち止まり

自分の内面の移ろいをそこに映し出す。

喜びも悲しみもあたたかさも寂しさも増幅させる。

自分の気持ちのあり方によって、全然違って見えたりする。

 

少しずつ変わっていく、進化していく生命の営み。

何かあっても時は進み、季節は巡る。

雪が降り、桜はまた咲く。

そんな移ろいを感じると、

変わる中にも変わらない何かがあると信じることができる気がする。

 

現代を生きる私たちは、そんな時を忘れかけているのではないか。

携帯の着信を気にして、ネットと常につながっているのが当たり前の日常。

便利なはずなのに、どこか縛られているようで不自由に感じることがある。

 

ちょっとした自然のうつろいを感じる心のゆとりをもてたら

もっと人はやさしく、素直に、

豊かに生きられるのではないだろうか。

 

かつての私のような多忙な生活を送る人に、

目の前の忙殺された日常からふと離れて

作品を見て、そんな時を一瞬でも持っていただけたら嬉しい。

 

 

 

■素材と表現について

ガラスは温度と重力によって

一瞬一瞬で表情を変える。

その瞬間で表情をとどめることができるのがガラスという素材の特質だ。

 

柔らかい顔、硬い顔。

丸い顔、鋭い顔。

正反対の表情をみせてくれる。

 

そして、光を抱き込んで自ら放ち、

影をつくる。

 

それは、人とよく似ている。

自然にも、すべての生命の営みに。

 

そのうつろいの一瞬一瞬をとどめて、形ある言葉にしたい。

 

透明であるガラスが、心の中を表しているようで、

内面を表現しやすい素材だと思う。

 

ガラスの儚さの中にある強さが

私の表現に合っていると考えている。

 

 

 

■ Biography

1975    京都市生まれ

1998    同志社大学経済学部 卒業

2000    同志社大学大学院 総合政策科学研究科 修了

2000-2007  新聞社、大手広告代理店に勤務

2009    東京ガラス工芸研究所 卒業

2011    東京藝術大学大学院 美術研究科工芸専攻(ガラス造形研究室)修了

現在    大阪芸術大学 工芸学科ガラス工芸コース 技術指導員

■ Exhibition

2007    第45回東京ガラス工芸研究所学生作品展(渋谷・東急本店)

2008    GLASS WORKS 2008(アートガーデンかわさき)

第46回東京ガラス工芸研究所学生作品展(渋谷・東急本店)

2009    GLASS WORKS 2009(アートガーデンかわさき)オーディエンス賞受賞

第2回ガラス教育機関合同作品展(東京都美術館)

「2009京展」入選(京都市美術館)

GLASS EXHIBITION 2009(藝大アートプラザ)

Photo x Glass exhibition 安藤宏・野田朗子二人展

The everlasting time-カメラとガラスごしの宇宙-(神戸新聞ギャラリー)

「第4回藝大アートプラザ大賞展」入選(藝大アートプラザ)

2010    「第48回兵庫工芸展」入選(兵庫県民アートギャラリー)

硝子展(藝大アートプラザ)

2011    東京藝術大学卒業・修了作品展(東京藝術大学大学美術館)

      台東区長奨励賞受賞(上野駅地下展示ブースにて1年間展示)

GLASS EXHIBITION 2011(藝大アートプラザ)

Echo-ann SUMMER FESTA(銀座、GALLERY枝香庵)

Estate~夏につどうvol.2 (渋谷、GALLERY HIPPO)

第4回現代ガラス大賞展・富山2011入選(富山市民プラザ・アートギャラリー)

清州国際工芸ビエンナーレ2011(韓国)

Ginza Galleries Xmas Art Festa (銀座、GALLERY枝香庵)

2012    第5回現代ガラス展 in 山陽小野田 三輪休雪審査員賞受賞(山口、おのだサンパーク)

GLASS EXHIBITION 2012(藝大アートプラザ)

2012.8   個展 -光と影-(銀座、GALLERY枝香庵)

2012.10   個展 -星月夜-(大阪、Gallery Ami&Kanoko)

■ Publication

2009   神戸新聞、8月22日朝刊

2011   『美術の窓』、2011年6月号

2012  宇部日報、7月4日

『月刊ギャラリー』、2012年8月号

『アートコレクター』、2012年9月号             他

EXHIBITION PHOTOS