市井の人

2019.05.13 - 2019.05.18 [ 1F Ami ]

アベサトルの思惟と制作

編集/構成 タカギトオル

本展覧会は、カメラマンであるタカギトオルが、市井の人”アベサトル”に着目し、プロデュースするものです。
突出して長い文章(写真付き)をFACEBOOKに挙げ続けるアベサトルは、SNSというメディアを意識しながらも、その内容は多岐に渡ります。ロマンティックな男性の気持ち、家族への愛情、目にとまった景色、病気のこと、仕事のことなど。かえりみれば、どんな人の日日も、そして僅かな時間も、驚きと感嘆、時には苦悩に満ち溢れていることを感じさせてくれます。そして、一人一人が持つ感嘆や驚きが、違うということも、彼の細かな文章の鞘から感じとることができます。
何よりも、そういった一人一人の持つ情緒の差異が、なんとも面白いものであると、アベサトルの投稿は伝えてくれます。

今回は、数あるFACEBOOKの投稿から抜粋して、文字や写真、オブジェや絵画をご高覧いただきます。市井の人が何を考え、感じているかその一端を展覧会でお伝えしたいと思います。
今回のタイトルはの「市井の人」は、アベサトルを紹介しながらも、それを高覧する皆さま一人一人も市井の人であり、主人公であると感じて頂ければと思います。

EXHIBITION PHOTOS