古澤拓磨 られる

2012.04.16 - 2012.04.21 [ 2F Kanoko ]

古澤拓磨

作品を見る人からの視点ではなく、作品から○○される、○○られるというテーマです。
個人的に作品の説明やテーマ性を言葉で表して伝えるということが好きではないので、見る方の感性で感じていただきたいと思っています。
生物と名付けてぬいぐるみを作るのも作品も生きており、感情あるものだと思うからです。
触っていただきたいのも温かみや感触を感じて頂きたいという思いからです。