井上織衣 

2019.09.02 - 2019.09.14 [ 1F Ami ]

Orié Inoué

www.orieinoue.com
www.instagram.com/orie.inoue
www.facebook.com/orieinoue.art

 

井上織衣 (いのうえおりえ) … 1983年埼玉県生まれ。2008年女子美術大学大学院美術研究科ファッション造形研究領域修了。2011年に大村文子基金女子美パリ賞を受賞し、2012年より活動の拠点をフランスに移す。現在、フランス・パリとディジョンを拠点に活動。主な展示の都市は、パリ、東京、ロンドン、ブリュッセル、バーゼル、ミュンヘンなど。

大阪初となる今回の個展では、種子を用いたドローイングと布などの立体の新作を発表します。私たちの地球の未来への希望を象徴した、多様な生命のかたちが織り成す彼女のイマジネーションの世界をぜひご高覧ください。

Née en 1983 à Saitama, Orié Inoué vit et travaille à Dijon. Diplômée en 2008 d’un Master en Art et Création à Joshibi University of Art and Design, elle obtient en 2011 le « Prix Paris » de la Fondation Fumiko Ōmura et s’installe définitivement en France en 2012. Ses dessins, volumes et installations sont régulièrement exposés à Paris, Tokyo, Londres, Bruxelles, Bâle, Munich, etc.

—————————————————————————————————————


作品の主題
地球環境に迫る危機がかつてないほど深刻になった現代に、井上織衣は、人と環境の複雑に絡み合う混濁した関わりを問う。

ミクロコスモスからマクロコスモスの、有形無形の万物が構成する神秘的なエネルギーの集塊、つまり生命を、彼女は称賛と敬意を持って再解釈し、有機物(主に種子)とプラスチックや布の屑を用いて表現しながら、私たちの地球の現状を認識する。
しかしそれが人類を否定したり、近い将来における生物界の消滅を悲観するのではなく、逆にそれは、自然の再生と回復力であり、さらには変化と発明をもたらす人間の能力への希望と確信である。

彼女の繊細で詩的かつ夢幻的な作品は、はっきりと眼にすることや知覚することのできない世界へと私たちをいざなう。すなわちそれが、私たちのイマジネーションを刺激し、未来への可能性の種を発芽させるだろう。

Statement
À l’heure où les menaces qui pèsent sur la Terre n’ont jamais été aussi sérieuses, Orié Inoué questionne les relations complexes et ambigües qu’entretient l’homme avec son environnement.

En utilisant dans son travail aussi bien des éléments organiques, principalement des graines, que des débris plastiques et textiles, elle prend acte de l’état actuel de notre planète tout en célébrant, exprimant et réinterprétant cette vie mystérieuse qui, de microcosmes en macrocosmes et sous de multiples formes tangibles et intangibles, anime et compose notre Univers.
Mais loin de vouloir accabler l’homme ou tabler sur une inéluctable disparition du monde vivant, elle suggère au contraire un espoir de résilience et de régénérescence de la nature tout comme une foi en l’humain et en sa capacité de changement et d’invention.

En nous révélant l’invisible, l’imperceptible, ses pièces poétiques, oniriques, sensibles et délicates sollicitent notre imaginaire et notre ressenti et esquissent ainsi la promesse de germinations de possibles.


井上織衣

略歴

1983 埼玉県生まれ
2008 女子美術大学大学院美術研究科ファッション造形研究領域修了
2011 大村文子基金女子美パリ賞を受賞
2012 活動の拠点をフランスに移す
現在 フランス・パリとディジョンを拠点に活動
主な展示の都市は、パリ、東京、ロンドン、ブリュッセル、バーゼル、ミュンヘンなど

展覧会

2019 「SOLO EXHIBITION」Gallery Ami-Kanoko(大阪)
2018 「宇宙の塵」Gallery Maison d’Art(東京)
「GERMS」Galerie Gratadou-Intuiti(パリ、フランス)
2017 「WUNDERKAMMER」Micheko Galerie(ミュンヘン、ドイツ)
「四辺のざわめき」Galerie Gratadou-Intuiti(パリ、フランス)
2016 「現象」Earth+Gallery(東京)

井上織衣detail

EXHIBITION PHOTOS