七野大一  しずくの間

2015.03.09 - 2015.03.14 [ 2F Kanoko ]

七野大一
[インスタレーション] [水] [銅管]

「 しずくの間 」

私はこれまで<水>をテーマとし素材に用いて表現してきました。

一滴のしずくがもたらす波紋、大滝の荒々しいしぶき、風がもたらす

水面のゆらめき、<水>の様々な表情には神秘的な感覚を覚え

また二つと同じ表情を見ることのできない魅了される一瞬があります。

 作品「しずくの間」は六畳の和室に現世を意味する水たまりを配置し

そこに一滴一滴の「しずく」が波紋を生みだします。

それは刻々と過ぎ行く日々・年月・時代の流れのなかで一つの魂が

この世に誕生することでなにかしらの波紋を広げることを意味します。

 また、血筋を表す家系図を意味した銅管から誕生する「しずく」は

遠い昔より先祖代々命のリレーをした結果、奇跡的に誕生した命の

存在を表します。そして空間を見守る神棚。

私は神秘的な一面を持つ自然素材<水>による

「現世(うつしよ)の空間」を表現します。


七野大一

略歴

1974 大阪府高石市旧北村に生まれる。
1998 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業

主な個展

1996 ギャラリーdo(大阪)
1997 ギャラリークオーレ(大阪)
ギャラリーdo(大阪)
1998 ローズガーデン・リランズゲート(神戸)
2000 RISE UP 展 ギャラリーOu(大阪)
2003 ギャラリーErio(大阪)
2004 ギャラリーErio(大阪)
2005 ギャラリーOu(大阪)
2006 ギャラリーOu(大阪)
2007 「10daysセレクション展」INAXギャラリー2(東京)
2009 「日読み」画廊 編(大阪)
2011 「ひもろぎ」画廊 編(大阪)
2013 「Lineage」 画廊 編(大阪)

主なグループ展

1994 第47回芦屋市展(芦屋市民会館/兵庫)
1995 第24回日本現代美術展(東京都美術館、京都市美術館)
1996 第12回現代日本絵画展(宇部市文化会館/山口)
1997 「蜂舎からの報告」展(大阪府立現代美術センター/大阪)
2004 International workshop for visual artists,Remisen Brande  (ブランデ市/デンマーク)
2005 P&E 展(アートコートギャラリー/大阪)
2006 gallerism 2006 (大阪府立現代美術センター/大阪)
2007 神戸ビエンナーレ2007 アートインコンテナ展(神戸メリケンパーク/兵庫)
ART BASE NULL 作家交流展(泉南市山田家住宅/大阪)
2008 “Energy Laboratory-let the Wind Energy hit the Road”
ART BASE NULL 作家交流展(泉南市山田家住宅/大阪)
2009 Daejoen FAST:Hitchhikers to the Galaxy(Daejoen Museum of Art/韓国)
「あなたへ」現代美術へのいざない・堺(堺市立東文化会館/大阪)